大学の提供する介護サービス

介護サービスは、大規模な企業がフランチャイズ展開するケースもありますが、現状としては地域密着型の業界となっています。各地の大学や専門学校が学生の就職支援を行い、各事業所に人材を配置します。事業所は横の繋がりを持ちながら、医療と福祉で連携体制を取っていくことで情報の共有や各事業所の役割が明確になってきます。約20年前から、国が超高齢社会の到来の前に福祉系大学の充実を計り、各地に専門性を高めた学部や学科を新設していったという背景があります。では、今、大学に求められていることは果たして何なのでしょうか。介護サービス事業とは、ただ単純に介護を行えばいいというものではありません。介護度も人によって様々で、要望も異なります。主に福祉系の大学を卒業すると、福祉の中でも最も管理的な業務を行う国家資格である社会福祉士の受験資格を得ることができます。更に、介護福祉士の国家資格も並行して取得することができる場合もあります。更に、必然的に福祉施設で相談員として働くことができる社会福祉主事任用資格を得ることができます。各種専門学校においても必要単位を履修すれば社会福祉士や介護福祉士の資格を取得することはできます。こうした教育機関を更に充実させ、福祉従事者の地位を高めていくことが介護サービスの充実に繋がっていきます。そして安心して暮らしていける社会が構築され、経済の発展にも繋がっていくと考えられます。ただ必要だから介護をするという捉え方ではなく、大学は特に学問としての研究体制を整えておくことが重要な役割だと言えます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">